2017年5月22日月曜日

print

前回紹介しました文字出力の関数echo
とほとんど同じですが、こちらも画面に文字を出力する関数になります。

使い方は数パターンありますが、
以下のように、print の後ろに文字列を示すことで、画面にその文字列が出力されます。


$x = 111;
print $x;
print($x);
print "hello world";
print 'hello world';
print ("hello world" );

print "" target="_blank">http://moepapa.dtiblog.com/">PHPリファレンス";

print <<< TEST
これがヒアドキュメントという書き方で、
このように複数行にまたがって記述できます。
右上の「TEST」は任意で付けてよく、終わりにも付けます。
<<<で始まり、;で終わる間をすべて文書として画面に出力します。
間では、数字が先頭ではだめ、空白、タブも不可、コメント等も不可です。
TEST;
?>

これらはすべてprintを用いて、画面に文字を出力します。
途中リンク形式の文書を出力するところで、
" としていますが、
PHPのechoやprintで画面に文字を出力する際に、" や  $ のように、本来PHPで意味を持つ記号を文中に入れてしまうと、プログラム動作してしまい、画面には記号が出力できません。
その場合は、エスケープ処理と言って、
その出したい文字の前に  を入力することで、画面に出力できます。

0 件のコメント:

コメントを投稿